テレワーク環境下において集中できる場が存在する価値

皆さま、こんにちは。
コワーキングスペース和と匠の時、管理人の平出でござます。

今回は、標題に記載している通り、テレワーク環境下において集中できる場が存在する価値についてお話しようと思います。

皆さまの会社でも新型コロナウィルスへの対策のため、テレワークを初めて導入したというところが多いかと思います。

テレワーク、始めてみていかがですか?

これまでは、「あのギュウギュウ詰めの満員電車に乗らずに済めば気持ちも体力も時間も余裕が生まれるんだけどな」「苦手な上司と常に顔を合わせるだけでストレスが貯まる。。。自宅で、一人で作業ができたらもっと作業効率が高まるのにな」等、自宅で仕事ができたらいいのに、とこれまで願望として思っていたことが実現できたと感じていらっしゃる方も多いのではないかと思います。

そして、テレワークを開始したばかりの頃は、自宅で仕事をするという環境面の変化に新鮮さがあったと思います。

ただ、人間には良くも悪くも適応能力があります。
環境の変化に慣れてしまい、だんだん気持ちの面で張りが失われていきます。

例えば、独身の社会人の場合、多くの方はワンルーム、1Kに住まれていると思いますが、ベッドの近くに机があり、机の上には趣味に関する雑誌や漫画、ゲームが置かれていたりして、一つの空間に娯楽となる要素が詰まっていて、常に視界に入ってきてしまいますよね。
まさに、誘惑過多な状況が生まれてしまい、自分に鞭を打って、業務上のアウトプットを職場で働いていた頃と同様に出し続けることは、それなりの精神の強さが必要となります。

また、小さなお子さんがいるご家族の場合、お子さんへの応対、家庭内での物音等、仕事に集中できる環境はなかなか作れないと思います。

ただ、そんな個別事情がテレワーク導入の別の側面によって加味出来ない状況となります。
ご存知と思いますが、 企業側としては従業員を評価するためには、多くはアウトプットでしか評価することが出来なくなるためです。

さらに、企業自体も経営環境が悪化している場合、評価基準が厳しくなる傾向にあるのではないかと思われます。

そうなると、従業員の立場としては、高いアウトップをあげるために集中できる作業環境を早期に整え、持続することが重要になると思います。

集中できる作業環境とは何かを私なりに考えたところ、

・視覚に入ってくる物(体)がある程度少なく、場が物理的に整理されていること
・物音がほとんどせず静かであること
・適温であること
・他人の目があること
・椅子の座り心地が一定レベル以上であること

等が考えられると思います。

独身の方であれば、上から2つ目の物音や3つ目の適温はクリアできますが、1つ目の狭い空間で生活に必要な物に溢れる自宅では視界に入ってくる物を少なくすることは大変ですし、4つ目の他人の目がなく、最後の椅子についても長時間座っていられるほどの座り心地が良い椅子が自宅に存在するのかという点も難点と感じます。

ご家族で住まれている方の場合、1つ目、2つ目、5つ目あたりが難点になると思います。

一方で、コワーキングスペースを活用するとした場合はどうかと言うと、スペースによって特色はあるものの、そこそこ高いレベルで集中できる作業環境が整えられているのではないかと考えております。

当店、コワーキングスペース和と匠の時では、可能な限り、作業スペースに置く物は少なくし、内装のカラーは3色程度(木製素材の茶色、黒色、白色)に絞り統一感を保っていること、特段BGMをかけず平静な環境にあり、椅子も私が実際に座ってみて座り心地が本当に良いと感じた椅子のみを4種類用意しております。

ただ、それほど作業環境が良いと言っても実際にコワーキングスペースに行くには躊躇すると思います。やはり、人が集まる場所ですから新型コロナウィルス対策がどの程度されているかが、不安に思われると思います。

この点についてもスペースによって差はあると思いますが、例えば当店、コワーキングスペース和と匠の時で言えば、

・人が触る各ドアノブやウォーターサーバーのボタン、トイレの洗浄ボタンは定期的にアルコール消毒を実施
・複数人が同じフロアにいる際は1時間ごとの空気喚起および換気扇を常に稼働
・手洗い用のアルコール消毒液の設置
・殺菌・抗菌効果がある青森ヒバの設置
・光触媒加工を施した若竹の設置(「抗菌効果」「空気清浄効果」「消臭効果」あり )
・ SC/CT触媒加工を施した黒竹の設置(「殺菌・抗菌効果」「マイナスイオンシャワー効果」「ホルムアルデヒド低減効果」「消臭効果」あり)

等といった取り組みを実施しております。


そしてスペース自体が2階にあり、窓を開けるとビルの隙間風がそれなりに吹くので、風通しが良い点も利点であると思います。

また、私自身は、免疫力を高めるためにビタミンA、C、Eが豊富なカボチャや、強力な殺菌・解毒作用や血行促進作用があるアリシンを含むにんにくの定期的な摂取、納豆や鰹節等の発酵食品の常食等、ウィルスに耐えうる生活習慣を常に実践しており、お客様に感染をさせてしまわないよう、細心の注意をしております。

当店、コワーキングスペース和と匠の時がある新宿区の神楽坂・文京区の江戸川橋エリアは会社員の方が多いエリアですので、もし、テレワークを実施されていて、作業環境にお困りの方がいらっしゃいましたら、ぜひお越し頂けたら嬉しいです。
もちろん、その他エリアからのご来店も、歓迎しております。

ただ、そうは言っても、緊急事態宣言の下にありますので、体調に十分注意を払って頂き、体調に合わせてワーク環境の選択を適切に実施頂けたらと思います。

最後までご覧頂きありがとうございます。
また、お会いしましょう☺

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします